うつと発達障害の子3人を抱えても、私は楽しく生きていく。

うつ、小学生以下3人の発達障害児(診断済み)の育児、自分の発達特性について+雑記ブログです。毎日更新。1話が1,000~1,500字程度で読みやすいです。

当ブログはGoogle AdSense、アフィリエイト広告を利用しています

洗濯物事情

こんにちは。ぱなしのお玲です。

 

私、いろんな人とお話ししていて、洗濯のやり方ほど、ご家庭、というか個人の趣味嗜好が反映されるものってないかなぁ、って最近思っているのですよね。

 

シンプルに、いろんなやり方がある。

 

洗濯機のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

例えば、一日3回洗濯機を回すご家庭があるんですよ。タオル、色柄物、その他、で分けて、それぞれ洗濯機を回しているんだそう。

 

面倒くさくないですか?

 

うちは、もう男気洗濯です。何でもかんでも一緒くたにして、10キロの洗濯機をまんぱんにして、1度で済ませます。

 

タオルと、その他に洗濯物を分類する理由は「タオルから出る繊維が洋服に付着するのを防ぐため」だというのですが、そんなの気になります?私、全然気にならない派。大体あの糸くずフィルターさんが取ってくれるから大丈夫でしょ、と思っています。

 

でもそう言うと、分ける派からは「なんておおざっぱな」という白い目で見られます。

 

はい、おおざっぱのO型です。

 

洗濯カゴのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

あと、全てを分類して、それぞれネットに入れるというご家庭もありました。靴下は靴下で、ネットへ。TシャツはTシャツだけ集めて、ネットへ。これをする理由も、糸くずの付着を防ぐためでした。

 

なぜだ。なぜそこまで糸くずを忌避するのだ。私にはわからない。付いているのを見つけたら、取ったらいいだけじゃないか。

 

あと、洗濯物の干し方にも癖がありますよね。

 

あるご家庭は一軒家で、賃貸住みが欲しくてやまない、ガス乾燥機「乾太くん」を導入しているんですね。奥様は、それを使って、さっと乾燥させちゃいます。でも、旦那様は、太陽光による殺菌効果を期待して、あえてベランダに干して行かれるのだとか。

 

まぁ、自分で干す分には文句はないですけども、突然の雨の心配や、取り込む労力のことを考えたら、「乾太くんにお任せしていいんじゃない?」と思いますよね。大体、高温で乾かしてくれるから、殺菌効果もあると思うのです。

 

洗濯物を干せる量が増えた!便利でコンパクトな洗濯グッズを発見しました!

 

柔軟剤を使う/使わないもありますね。うち、柔軟剤のキツい匂いが嫌で、使わないのですよ。発達障害は感覚過敏ですから、匂いに敏感です。匂いで気持ち悪くなっちゃうんですよね。

 

干すときに工夫すればパイルが立つので、充分許容できる柔らかさになりますよ。

 

たたみ方も、自分のやり方ってありますよね。

 

私、時々子供がたたんでいれたのを、やり直すことがあります。私の服じゃないので、放っておけばいいと頭ではわかっているのですが、どうしても、見つけちゃったら気になって、自分のやり方でたたみ直しちゃうんですよ。

 

私は、上から見て、すべての物が俯瞰できるたたみ方が好きなんです。洗濯物を立てて収納するイメージです。でも子供はぐちゃっとしまうので「あぁ!こんなんじゃだめよ!」と思って直しちゃうんですよねー。

 

いかがでしょうか。

良かったら、あなたの一癖、教えていただけると私が喜びます。

 

 

我が家の洗濯機はコレ

 

 

以上、

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

いつも感謝です(*˘︶˘人)