うつと発達障害の子3人を抱えても、私は楽しく生きていく。

うつ、小学生以下3人の発達障害児(診断済み)の育児、自分の発達特性について+雑記ブログです。毎日更新。1話が1,000~1,500字程度で読みやすいです。

当ブログはGoogle AdSense、アフィリエイト広告を利用しています

大きくなる予言が的中!幼少期から足が大きい娘の成長記録

こんにちは。ぱなしのお玲です。

 

以前、長女(小5)の靴のサイズが27センチ、というお話をしました。この度、証拠写真を激写しましたので、こちらで披露したいと思います。

 

じゃーん。

 

 

いかがでしょうか。比較対象は、私のあんよです。ええと、私の靴のサイズは物によって23.5~24センチです。なので、3センチ差ですね。(それにしても、私けっこう幅広だな)

いやぁ、大きいですよね!

 

1歳児クラスの時、保育園のベテラン先生に「この子は足が大きいから、将来大きくなるはずよ」と予言された通りになっています。その頃から足が大きかったのか。

 

まず、3,500g越えで生まれているので、生まれたときから大きいのですよ。生まれたときから成長曲線を上側に外れていて、そのままほぼ枠の中に入ることなく大きくなり続けています。

 

この子がまた、よく食べるのですよ。風邪引いて熱があったりすると、私はもう、食欲がなくなるんですが、例え熱があってもこの子はパクパクよく食べます。だから、治りも早いです。

美味しそうにご飯を食べる女性のイラスト

通常時も、めちゃくちゃ食べます。おかわりします。息子の嫁は、よく食べる子がいいと思っている方に非常におすすめ。好き嫌いも、あまりありません。給食も、いっぱい食べているそうです。

 

やっぱり、食べる子は大きくなりますよ。「どうしたらそんなに大きく育つんですか?」とたまに聞かれたりしますが、やっぱり食べることですよね。食べないと、大きくはならない気がします。

 

どうしたら、いっぱい食べてくれるのかっていったら、やっぱりそこは個人の生命力の強さなんじゃないですかね。もう、それしかないと思いますよ。保護者の料理の腕とか関係ない。個体差というかね。生まれ持ったものってあるんだと思います。

 

生命力弱い民としては、ちょっと羨ましいですねぇ。

 

そして興味深いことに、長男は真逆なんですよ。未熟児(2,200g)生まれで、背が低く、かなり痩せています。風邪を引いたら何も食べられないし、普段から食も細いです。同じ兄弟でも、これだけ違うんですねぇ。

 

まぁ、男の子と女の子は、大きくなるタイミングが少しズレているっていうのもあるのかもしれませんが。

 

それにしても、足のサイズの成長は、いい加減、この辺で止まってほしいものです。陸上をやっているので、スパイクのついた靴もいるのですが、すぐサイズアウトするので、困っています。(メルカリで買ったりしています。)

 

 

今は男物の運動靴を履いていればいいので、よいですけども、将来可愛いヒールの付いた靴が履きたい、となったときに苦労しそうですね・・・。

 

 

 

27センチだと、まだギリギリ可愛い靴があるかも。

 

 

 

 

以上、

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

いつも感謝です(人•ᴗ•♡)