うつと発達障害の子3人を抱えても、私は楽しく生きていく。

うつ、小学生以下3人の発達障害児(診断済み)の育児、自分の発達特性について+雑記ブログです。毎日更新。1話が1,000~1,500字程度で読みやすいです。

当ブログはGoogle AdSense、アフィリエイト広告を利用しています

アトモキセチンを、ストラテラに変更。

こんにちは。ぱなしのお玲です。

 

先日は、2ヶ月に一度の受診日でした。

 

ADHD的な困り感については、「不注意」の特性がまだまだ仕事に大きな影響を与えている旨、お伝えしました。

 

例えばどんなことで困っているのか聞かれたので、一例としてお伝えしたのは、TRUEとFALSEの見間違えです。

 

エクセルに数式が入っていて、数字が合っていたらTRUE、違っていたらFALSEを返すようになっているのですが、それをずらーっと並べたときに、TRUEの中にFALSEが3つ混じっていたのを、見逃してしまったのです。

 

こういう、うっかり。よくあるんです。

 

他の方もそりゃあ、うっかりすることもあると思うんです。人間だから。ただ、ADHD持ちはその発現率が明らかに高いのが問題なのです。

 

しかも、他の方は、うっかりって「注意すれば防げるもの」という認識ですよね。ただ、ADHDも場合は、「どうしても防げないもの」。英語にしたら、inevitable というのが違います。

 

だから、上長と話が合わないんですよね。「しっかりやって」と言われても、こっちは最大限やっているんです。まじ卍。この困り感をわかり合えるとは思っていないと言うか、その辺はもう諦めているので、まぁ、置いておいて。

 

とにかく業務遂行上、これはもう、私、切実に困っているのです。

 

アトモキセチンで物足りなく、コンサータもここでは処方しないよ、と言われている私に残されたチョイスはもう1つだけ。ADHDのお薬を、ジェネリックのアトモキセチンから、先発薬のストラテラに変更することです。

 

コンサータが処方されない理由はこちらをどうぞ)

panashinoorei.com

 

というわけで、先生にお願いして、ストラテラを出していただきました。

比べてみると、大きさがこんなに違う!


一般的に、先発薬とジェネリックだと、先発薬の方が良い結果になることが多いと薬剤師さんに教えていただきました。理由を聞くと、大体プラセボ効果が要因であるようです。

 

もうね、プラセボ効果でもなんでもいいのよ。要は、結果を出してくれさえすれば。こっちは、藁にもすがる思いなんだよ。頼む。

 

うつの薬の方は、変更無し。

多分、もうしばらくは変更ないと思います。だって、このADHDのお薬の効果を検証しているところなのでですね、うつの方の薬も変更してしまうと、何か変化があったときに、うつの薬のせいなのか、それともADHDの薬の効果なのか、これがわからなくなるからですね。

 

うつの薬を減らせば、もしかすると、うつの症状が悪化して、思考力の低下を招くかもしれないです。すると、これは「不注意」につながる要因になっちゃいますから。これはもう、致し方ないですし、納得済みです。

 

 

そんなわけで、今飲んでいるお薬は、こんな感じ。イフェクサーストラテラが大きいので、喉に引っかかる感じがあるのが、難点。

 

でも多分、私は睡眠薬系は飲んでいないので、まだ少ない方じゃないかなぁ。

 

 

 

以上、

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

いつも感謝です(人•ᴗ•♡)