うつと発達障害の子3人を抱えても、私は楽しく生きていく。

うつ、小学生以下3人の発達障害児(診断済み)の育児、自分の発達特性について+雑記ブログです。毎日更新。1話が1,000~1,500字程度で読みやすいです。

当ブログはGoogle AdSense、アフィリエイト広告を利用しています

ADHDの日常:アトモキセチンの効果を実感

こんにちは。ぱなしのお玲です。

 

今日は今飲んでいるADHDのお薬の話をします。

 

もしかしたら、アトモキセチン、効いているのかもしれません。

 

このお薬って、全然即効性無いのですよ。例えていうなら漢方みたいなタイプで、数ヶ月も服用してやっと効いてきて、しかも効果はごくごくマイルドなので、全然気づきませんでした。

 

じゃあ何で気づいたかって言うと、昨日、夫が東京出張でワンオペだったんですよね。で、朝からとにかく忙しくしていたんですよ。

 

朝、子供をこども園まで送っていって、

日中は仕事して、

夕方、一人をこども園でお迎え、一人を学童でお迎え、一人をプールでお迎えして、

合間に買い物もして帰ってきたんですけど、

 

服用前よりも、なんというか、すべてがスムーズに進んだ感じがします。始終、頭が冷静だったというかですね。

 

前はもっと、大きくて強い何か、強烈なエネルギーみたいなモノに常に支配されていた感じがするんです。恐らくそれがADHDの「多動性」「衝動性」の源なのかなと推測しているんですけど。

 

自分の中でそれが抑えられないし、それにあらがうことは出来ないんです。

 

だから、身体の中にそれが渦巻いているときは、ピョンピョン飛び跳ねるように歩いたり、他人にウザ絡みをしたり、とにかくテンションが高くて、酔っ払っているみたいにハイで、陽気で、落ち着かないんです。

 

良く言えばエネルギッシュで活動的、悪く言えば栓が抜けているお風呂みたいにエネルギーの無駄遣いをしている感じ。

 

で、そんな状態は長く続かないから、そのうち疲れてダウンしちゃうんです。テンションの振れ幅が大きくて、自分で制御できないという状態が私の日常だったのですよね。

 

でも昨日は、テンションが常に一定で、謎のエネルギーに支配されず、終始クールでいられたなと思ったんです。

 

だから、「多動」「衝動性」といったものには、確かに効いている。それを実感しました。

 

ただ、私は仕事しているので、もう1つの困りごと、「不注意」にもしっかり効いてくれないと困るのですよね。仕事のミスを防ぎたいので。

 

これでアトモキセチンから、ストラテラに変更できたとして、「不注意」にも効いてくるようなら、これはもう最高で最強ですよ。

 

ただ、アトモキセチンはジェネリックだから、比較的お安いみたいで、ストラテラは先発薬だから、ちょっとお値段が張るようなんです。

 

でも自立医療支援を使っているし、問題ないです。今までの悩みがこれで解決できるなら、いくら払ってもいいです。

 

私、本当に節約家というか、あんまりモノ買わない女なんですけど、これはキッパリ断言できます。

 

ちなみに、どのくらいお金使わないかというと、今、穴の開いた靴を履いています。

 

いや、新しいの買いに行けよって話しなんですけども、まだ穴が小さいから、中に黒い靴下履いたら、穴が開いているってバレないんですよ。まだ、イケるかなって、思ってます。ダメか?

 

 

 

以上、

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

いつも感謝です(人•ᴗ•♡)