うつと発達障害の子3人を抱えても、私は楽しく生きていく。

うつ、小学生以下3人の発達障害児(診断済み)の育児、自分の発達特性について+雑記ブログです。毎日更新。1話が1,000~1,500字程度で読みやすいです。

当ブログはGoogle AdSense、アフィリエイト広告を利用しています

はま寿司の期間限定メニュー「仙台名物ずんだ白玉」を食べた。

こんにちは。ぱなしのお玲です。

 

告白します。

私、ずんだ餅ってあんまり好きではなかったんです。

 

学生時代、仙台出身の子がお土産に買ってきてくれたのを食べたことがあるんですが、ちょっと、ごめんなさい、あんまり美味しいとは思えなかったんですよね。

 

見ると、謎の緑色のモノが、餅の上に乗っかっている。正直、全然食欲をそそられません。妙に粒々しているし。えー?これ、食べなきゃだめ?

 

一口食べてみると、枝豆の味が口の中に広がります。なるほど、この緑色は枝豆か。しかし全然甘くはない。なんだろう、すりつぶした枝豆を味わえ、ということ?仙台、枝豆推し?

 

友人の手前、「おいしい」とは言ったと思いますが、ちょっともう、2度目はないなと思ったのでした。

 

しかし、何の運命のいたずらか。

それから何年もの時を経て、私は出会ったのです。

そう、我らがずんだ餅(ずんだ) (id:zundayummy)さんに。

 

ずんださんの第一印象は「え、まじか。あのずんだ餅が好きなのか」でした。

ブログのidにしちゃうって、相当お好きではないとできないことでしょう。

恐らくだけど、月に1度は必ず召し上がっていらっしゃるはず。

 

話は変わるようなんですが、昨日の夜、はま寿司に外食に行ったんです。それで、ぱなし家では、最後に家族それぞれ1つずつ、デザートを頼んでもいいルールがあるのですね。今、そこでなんと、こんなメニューがありまして。

 

「仙台名物ずんだ白玉」です。

こちら、1/23~2/14までの期間限定メニューとなっています。

 

これを見たら、ずんださんのことが思い浮かんじゃいましてねぇ。やっぱり、ずんださんとお友達になってしまったからには、ここはこの「ずんだ白玉」を頼まねばなるまい。そして、どんな味であったのか、ブログに上げるしかないだろう。

 

そんな強い決意を胸に、タッチパネルを押しました。

 

そして、しばらくしてやってきたのは・・・

 

 

じゃーん!!

 

そうそう、枝豆を荒くすりつぶしたこの感じ!記憶の中のずんだ餅と一緒です。じゃあ、早速ですが、ちょっといただいてみますね。

 

 

おや!?

おいしい!

 

ずんだが、ほんのり甘くしてあって、つるりとした白玉と良く合います。これなら、いくらでも食べられそうです。

 

ずんださん、ずんだ、おいしかったよー。

 

ずんだの餡は、甘くしても良いのですね。私は、砂糖不使用で枝豆本来の甘みを味わうのがずんだなのかと思っていました。どうやら、そんな厳格なものでもなかったらしい。

 

それにしても、ずんださんがいなかったら、私はこのメニューを頼んでいなかったと思うのですよね。そして、ずんだ餅は永遠に苦手なままでした。それを考えると、ブログをやってて良かったなぁ、と思うのです。

 

ちっちゃな事なんですけどね、このブログのゆるいつながりが、私をちょっとだけ柔軟にしてくれるような、そんな気がします。

 

 

 

以上、

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

いつも感謝です(人•ᴗ•♡)