うつと発達障害の子3人を抱えても、私は楽しく生きていく。

うつ、小学生以下3人の発達障害児(診断済み)の育児、自分の発達特性について+雑記ブログです。毎日更新。1話が1,000~1,500字程度で読みやすいです。

当ブログはGoogle AdSense、アフィリエイト広告を利用しています

ポジティブなことを書きつづける効用

こんにちは。ぱなしのお玲です。

うつで休職してからしばらく、ポジティブ日記、というのをつけていました。一日の最後、寝る前に、その日一日あったポジティブなことを思い出して書く日記です。

 

別にたいした物を書く必要はなくて、例えば

シャワーを浴びたら「シャワーを浴びられて、気持ちよかった。」

一日寝てたら「一日眠って、身体を休められた。」

とかでいいんです。思ったより簡単ですよね。

 

それで、10ヶ月続いたうつ休職もついに終わったので、最近休職の日々を振り返ってみたんです。そしたら、なぜだか良かったことばかり思い出されてくるんですよね。

 

実際は、本が一切読めなくなったり、外に出られなくなったり、トイレ以外一日中寝ていることしかできなかったりしたのにです。

 

はたから見たら廃人みたいな生活を送っていましたね。

 

友達からLINEが来ただけで、なぜか怖くてドキドキして手が震えたり、車を運転している途中、不安で身体が震えて歯がカタカタ鳴ったり、通常では考えられないことばかり経験しました。

 

それでも今思い返すと、病気が徐々に良くなっていって、こんなこともできるようになった、あんなことも楽しめた、みたいないい記憶が多いんですよ。

 

それって何でかなと思ったらこのポジティブ日記のおかげかも、と気がついたんです。

 

ポジティブなことばかり書いていくと、きっと脳がだまされちゃうんでしょうね。一日通していいことしかなかった、みたいに記憶が上書きされるのだと思います。

 

心が辛くなっている人にこそ、このポジティブ日記は効果があるんじゃないかなと思います。

 

ポジティブ日記をつける効果的な時間帯、というのもあって、最初にお伝えしたように、夜寝る前の数分を使って書くのがいいらしいのです。

その日一日を振り返って、「あー、今日もいい一日だった」という風に締めくくって寝ると、眠りにいい効果をもたらすみたいなんです。なんだか納得できますよね。

 

最近、メンタル調子悪いなー、という方がいらっしゃったら、数分で終わりますので、このポジティブ日記を試してみていただきたいな、と思います。

 

 

 

 

以上、

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

スター、読者になるボタンをお気軽に押していただけますと、更新の励みになります!