うつと発達障害の子3人を抱えても、私は楽しく生きていく。

うつ、小学生以下3人の発達障害児(診断済み)の育児、自分の発達特性について+雑記ブログです。毎日更新。1話が1,000~1,500字程度で読みやすいです。

当ブログはGoogle AdSense、アフィリエイト広告を利用しています

ママ友とおしゃべり。みんなそれぞれの問題を抱えて生きている。

こんにちは。ぱなしのお玲です。

 

昨日は、久しぶりにママ友と集まっておしゃべりしました。こちらは、子供が保育園時代からのママ友です。子供達も、小さい頃から仲良くさせてもらっています。コロナの時は自粛して集まったりできませんでしたから、こうしてまた気軽に集まれるようになって、嬉しい限りです。

 

さて、みんなの近況を聞いていきます。なんとなく、子供経由で話は聞いていたりしましたが、みんなそれぞれ悩みを抱えていました。一人は子供の不登校問題。学校に行ったり、行かなかったり。うちも時々登校渋りがありますので、朝の「今日は行くのか、行かないのか」の戦い、というのがよくわかります。

 

関連記事

panashinoorei.com

 

仕事をしていますので、仕事に間に合うギリギリのタイムリミット、というのがあるのですよね。そこのお宅は8時がタイムリミット。私は8時半です。そこまでの時間、行く行かないで揉めて、時間が来たら後ろ髪をひかれながら仕事に出かけます。子供を一人残していくのは大変気になりますが、こちらも食い扶持を稼いでこなければいけません。このへん、保育園のママ友なので、境遇が同じなのですよ。お互い、仕事がありますのでね。なかなかに、頭を悩ませる問題です。

 

もう一人は、子供のことやらなんやらで、長い間お勤めされていた立派なお仕事を退職する、という決断をされていました。深くは聞きませんでしたが、そう決めるまで、どれだけの葛藤があったのだろうかと思ったら、言葉が出ませんでした。

 

そして、残る一人はうつを患っています。みんなそれぞれ、大変な中を生きているんですよね。そして、もう少ししたら、これに親の介護が加わってくるのです。ちょっと待ってよ、ですね。ライフ イズ ハード。これに尽きます。

 

悩みを抱えてうつになった私からしたら、みんな色々あるけど、とにかく自分を第一に考えてほしいということを伝えたいです。意外と、それが難しかったりするんですが。家族も大事、仕事も大事。それはわかりますが、とにかく一番大事なのは自分自身です。自分を労わってケアしてあげられるのは、自分にしかできないことです。

 

仕事を辞めたママ友は、だから、勇気がある決断をされたな、と思いました。素晴らしい。周りからはもったいない、と言われるかもしれませんが、ご自身の決断を誉めてあげてほしい、と思いました。

 

そんなこんなで、気づいたら4時間も経っていました。楽しかったけど、さすがに疲れましたね。今夜はしっかり寝るぞ、と思ったのに、また0-1時の時間帯でパチリと目が覚めてしまいました。残念ながら、今日はすんなり眠りに戻れず。またもやブログを書いています。まぁ、こんな日もありますよね。

 

 

以上、

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

スター、読者になるボタンをお気軽に押していただけますと、更新の励みになります!